白メダカについて 2017/6/4 Ⅱ

 きょうは10時30分に美容室に行った。ホストみたいになりたいので髪はあまり切らない、伸びるに任せておく方向で注文した。美容室ののち、コンビニでストロングゼロ500mlの缶を買った。飲んだ。昼食はトンカツとキャベツと1.5合の白米。気持ち悪くなった。1行だけおれのビズを進めた。

f:id:goemon0728:20170604193205j:image

それから金魚の吉田に行って白メダカを4匹買った。オスを2匹とメスを2匹。帰って少し寝た。ドンキホーテで15Lのバケツを買った。底石と水をセッティングした。それからメダカの水替えや稚魚への餌やりをした。19時頃リスペリドンを飲んだ。たばこを吸った。源●が新聞社で活躍している。SNSでそれを見るとおれのいまの境遇が否応なしに思い出されて惨めな気分になる。しかし同時に、もし大企業に勤めていたとしても、ムーサの霊験に撃たれたおれはその恵まれた環境にさえ満足しないだろうと思う。在学中、既に犀は投げられている。おれには書くか、死ぬか、その2つのどちらかしかない。
 おれは人に頭を下げるのは大嫌いだ。他人なんてくそったれだ。修業時代にある若者は、先人の前にひざまずいて教えを乞わなくてはいけない。おれは日々技術の欠乏を実感している。しかし人に教えは乞わない。ムーサだ。ムーサの膝元にひれ伏すまでだ。あるいは故人だ。古典を渉猟するのみだ。生きている人間はくそったれだ。おれは死んでいる人間なら愛せる。
 19時を過ぎても吐き気がとまらない。もう二度と休日の朝にストロングゼロは飲まない。初めからリスペリドンにしておけばよかった。あるいは何らかのベンゾでもキメりゃよかった。ベンゾ系のドラッグはいっぱい持っている。この点おれは恵まれている。
 夕食のプランを練る。――キャベツと豆腐。以上。朝食用のバナナを買うがよい。
 たばこが不味い。ままならない。日記がつまらない。寝るに限る。