エフェドリンについて 2017/6/9

 きょうは0時30分頃に1回、5時頃に1回中途覚醒してしまった。三度寝してなんとか睡眠時間を確保する。昨日酩酊していたのが尾を引いている。離人感覚がある。
 朝一で金パブを3包決める。元気溌剌になる。いつもよりずっと身支度を早くすませて、朝マックへ向かう。ソーセージエッグマフィンセット、クーポン使って350円。飲み物はアイスコーヒー。良い朝だ。エフェドリンは素晴らしい。金パブはやはりおれにはエフェドリン優位のドラッグに感じられる。コデインの薬効はあまり感じられない。エフェドリン、ただただカフェインよりもずっと直接的に、爽快感を伴って覚醒させてくれる。家を出る直前にリボトリールスルピリドを服用した。

f:id:goemon0728:20170609071605j:image
 メダカに餌をまる1日やっていなかった。出張のせいだ。それでも帰ってバケツを覗いたら稚魚含めみな元気そうにしていたので良かった。朝、水面の油膜をとって小規模な水替えをする。青メダカが1匹逝去していた。チラシ紙に包んで直葬する。産卵は確認できなかった。きょうは涼しいから仕方ないだろう。
 こちらがどんな態度、どんな心持ちで待ちかまえていようが、苦役上の苦労は向こうから勝手に次々とやってくる。予期不安を抱いていたらキリがない。おれは上手く怠業を敢行し体力を温存しながら、それらを器用に片づけていく他ない。
 ●馬のTwitterを見ると分かるが、いくら一流の大企業でも苦役上の苦労、特に「目上(笑)」の日本人による攻撃はどうしたってある。奴隷(サラリーマン)である以上は、どうも免れないものらしい。だからしておれはやはり独立しなくてはいけない。おれは先輩後輩システムが大嫌いだ。商売上の「目上」「目下」の関係には吐き気を覚える。みな拝金主義だ。それを自覚していないからたちが悪い。金を生み出すものが「善」とされている。暗黙のうちに。彼ら自身の沈思黙考の結果、拝金主義を選択しこれを信仰しているのではなく、ただ流れに身を任せた結果、いまの有様だ。本当に吐き気がする。思考せよ、昆虫になるな。――もっとも、おれはヒトを変えることはできない。おれが変わるしかない。おれが、飄々と世の中を渡りながら成功を掴んで、独立し、人間の「生」を取り戻すしかないのだ。あるいはいっそ「死」を選ぶかだ。おれはもうどうなってもいい。どうなってもいいんだ。思想警察でもなんでも来ればいいだろう。いつでも部屋のドアをノックしてくれ。バリザルドでぶっつりやってやる。